練馬区に「ロボ団 上石神井校」が開校!レゴのロボットプログラミング教室

ロボットプログラミング教室「ロボ団」とは?上石神井に開校!

ロボ団は、関西で評判の小学生向けプログラミング教室です。
子どもたちがレゴでロボットを作り、プログラミングを用いて動かします。ワクワク楽しい授業は、親御さんとお子さんから高く評価されています。

ロボ団は、国内外に100を超える教室があり、2200人以上の生徒さんが通っています。ですが、上石神井エリア近辺には、ロボ団の教室がありませんでした。

「自宅の近くにあったらいいのに」との声にお応えし、本校が開校することになりました。

子どもたちが楽しんで集中できる空間で、皆様のお越しをお待ちしております。


(ロボ団大泉学園校)

年長さんからスタートダッシュを切ろう!

ロボ団は、小学校での学びを見据えて、入学前の年長さんから通学できます。

小学校でのプログラミング授業が、2020年から必修となりました。

「なんだか難しそう……」
「子どもがついていけるか不安……」
「おうちでは教えてあげられなさそう……」

このように、プログラミングと聞くと、大変そうなイメージがあるかもしれません。どうしたら良いか、悩みを抱える多くの保護者の方々のお声を耳にします。

そこで、ロボ団では、幼稚園・保育園の年長さんから通うことのできるカリキュラムをご用意しています。小学校に入る前から入学できるので、周りのお友達より先に、プログラミングに触れることができます!

小学校入学は、お子さんにとって初めての経験で、ドキドキわくわくの毎日が待っています。
幼稚園や保育園とは違った環境に身を置くようになると、慣れるまでは大変なこともあるかと思います。就学前に学習しておけると、安心感が高まりますよね。

いつでも疑問に答えてくれるロボ団の先生は、大変心強い存在です。

小学生になって、1歩先にプログラミングを習っていたあなたのお子さんが、周りのお友達から頼りにされる存在になるかもしれません。

レゴで学ぶから楽しい!

ロボ団では、授業でブロックのLEGOを使います。
なんと、本来、授業で使用するレゴブロックは10歳以上を対象としています。ロボ団では、この教材を年長さんから使うカリキュラムになっています。


「ちょっと高度すぎるのでは?」「難しそうだけど大丈夫?」と感じる方もいらしゃいますよね。
ロボ団オリジナルの教材は、スモールステップで段階を踏んで学べるように作られています。テキストが優れているので、小さな子どもさんにとっても、分かりやすく始めやすいんです。

ロボットプログラミング教室に通うメリット

「どんなメリットがあるんだろう……」
「ロボットエンジニアになるつもりはなさそうだけど、意味があるの?」

「プログラミング教室」と言われても、何が身につくのか分かりづらいですよね。

実を言うと、プログラミング教室は、お子さまの将来の選択肢を広げ、能力を最大限に引き出すことができる習い事なのです!

メリットと、どんなことが身につくのかご説明します。

パソコン操作がスムーズにできる

今の世の中では、パソコン操作は必須です。かつて「読み書きそろばん」と言われたように、基礎的な能力としてパソコンを使いこなせることが求められています。

現在でも、すでに多くの仕事で日常的にパソコンが使われていますよね。子どもたちが大きくなったころには、ますますその流れが加速しているはずです。

小さいころから、パソコンやキーボード操作に慣れ親しみ、経験を積んでおくことは将来必ず役に立つでしょう。

論理的思考力が養える

ロボ団では、プログラミングを通して、先を見据えた教育を行っています。

目の前にあるロボットを動かすために、まず「こうしたらできるかな」と考えます。もし、思うように動かなかったときは、「なんでできなかったんだろう」「どうしたらいいかな」と、自分で考え、試行錯誤を繰り返します。
この過程を通して、自ら考え正解を導き出す「考える力」が養われます。

「考える力」というのは、プログラミング以外の場面でも、大変役に立つ力です。

自分自身で課題の解決法を考え、答えにたどり着ける能力は、小学校高学年以降、中学校での成績にも反映されるようになります。

プレゼンテーションが得意になる

ロボ団の授業は、ただロボットを動かすだけでは終わりません。

カリキュラムの一環として、自分たちの成果をクラスメイトやコンテストの場で発表する、プレゼンテーションの機会が多くあります。

社会に出ると、人前で話したり発表しなければならない場面が多くあります。社会人になる前にも、自分の思いをきちんと伝えなくてはならない場面はたくさんありますよね。幼いころから、プレゼンテーションスキルを身につけておくことは、お子さんの大きな自信に繋がります。

ロボ団の授業では、将来に渡って必要なスキルを、楽しみながら自然と身に付けることができます。

集中力がUPする

ロボ団の教室では、子どもたちの「楽しい!」という声が溢れています。
お子さんが、楽しく笑顔で過ごしている様子を見るのは嬉しいものですよね。

じっと座って、ただ与えられた問題を黙々と解く、という授業ではありません。

自分で作ったロボットを目の前に、頭で考え、動かし、検証を重ねます。
このような体験は、子どもたちの五感を刺激します。
ブロック遊びの延長で、気づくと無我夢中で「どうやったらうまく動かせるか」を考えるようになります。集中力が身につくのと同時に、高い習熟度が期待できます。

やっとのことで思い通りにロボットが動くと、子どもたちは喜びと達成感でいっぱいになります。この達成感と満足感は、ロボットプログラミングだからこそです。

日々、自信をつけて成長していける環境がロボ団の教室にはあります。

チームで協力できるようになる

ロボ団では、お友達と協力してひとつのモノを作り上げます。

この世の中は、多くの人が力を合わせ、協力することによって成り立っています。

社会に出たら、1人で完結できる仕事はそう多くないのではないでしょうか。個々が能力を出し合い、周囲の人たちと課題に向き合っていくことになるでしょう。

ロボ団で仲間といっしょに、ひとつのロボットを完成させ、思った通りに動かせるようになり、人前で発表するという経験は、お子さんの心に残り、その後の成長へと繋がります。

一見、ひとりで遊ぶのが好きで、周りの子とあまり話さないというお子さんもいらっしゃいます。見方を変えると、自分で考え、実行する能力が高いとも言えます。

ロボ団でのロボット作りを通して、プログラミングに興味を持つようになると、周りの子とも自然とコミュニケーションが取れるようになります。好きなことをきっかけに、いつの間にか他人とのコミュニケーションも上手になっていきます。

幼いころから、仲間と成功体験を重ねることで、チームで活動することが苦ではなくなるのです。

最後までやり遂げる力が身につく

ロボ団では、世界で活躍できる人を目指して、国際的なロボットコンクール(ロボコン)にも出場します。

教室での学びにとどまらず、大きな目標を定めて、達成するよう取り組みます。

失敗しても諦めず、目標を目指して諦めずにチャレンジします。この経験が、子どもを勝負強い子に育てます。

成功には、最後までやり抜くことが必要です。ロボ団での学びを通して、お子さんが諦めない心を養い、日本を超えてグローバルに活躍する力を培うことができます。

練馬区上石神井エリアや武蔵野市、その他お近くにお住まいの方にとって、参考になりましたでしょうか?「気になった!」「教室についてもっと知りたい!」という方は、是非こちらからお問い合わせください!